名古屋をはじめ愛知・岐阜・三重で住まいをお探しなら株式会社FUDOUSANにおまかせ

ブログ

2017年06月17日

空き家対策

2017.6.17 空き家対策

中川区を中心に名古屋市内で新築戸建てをお探しなら株式会社FUDOUSAN

皆様こんにちは! 名古屋店の清水です!

 

今は空き家問題が度々世間で話題になってますね。

空き家問題の原因は多くが親から相続した家を処分しないまま放置している現象が、今非常に多いのです。日本全国で800万戸程度の空き家があると言われています。

空き家があると様々なリスクがあるので、国としても早急に改善を図りたいのです。

様々なリスクとは。。。

犯罪、災害リスク

第三者が不法占拠したり、盗難目的で侵入したり犯罪のリスクが増します。また、土地だけ放置した場合でも有害ものが不法投棄され、異臭が近所に立ち込める危険性もあります。

更に放火や倒壊などの災害リスクにも繋がってくるのです。

所有者様だけでなく近隣の方にも迷惑をかけてしまうおそれがあります。

続きまして。。。

資産価値下落リスク

例えば、綺麗な住宅街に築40年を超えるぼろぼろの戸建てがあったらどうでしょうか?単純に景観が阻害されますし、先ほど言ったような犯罪・災害リスクがあります。

そうなるとその住宅街自体の評価が下がり、中古物件の価格が下がってしまうリスクがあります。中古不動産価格は、物件が売れた金額である「成約事例」で価格が上下します。

そのため、一つでも周辺に大きな悪影響を与える住居があると、そのエリア一帯の資産価値にも影響が出てしまいます。

 

こういった様々なリスクがる為国としても本格的に対策をしてきている事になります。

 

説明を続けるととても長くなってしまいますのでもし土地情報や相続で空き家でお困りの方はご連絡ください。

宜しくお願い致します。

一覧へ戻る